無料会員登録
古民家再生の極意 阿蘇の「リモナイト」
安心して長く住み続けて頂く取組み
 古民家は築後100年と古い建物ですので、様々な配慮が必要です。 その一つが「シロアリ」被害対策。古民家に住まれる方の大きな不安の一つなのではないでしょうか?
 弊社が取り扱う古民家には、株式会社日本リモナイトさんの協力を得てシロアリ忌避効果がある「リモナイト」を撒布させて頂いています。 阿蘇山の火口からのみ採取できるこの「リモナイト」、大学との実験でも確かな有効性が認められました。
 古民家をこれからも長く安心して住み続けて頂けるよう全力でサポートさせて頂きたいと思っています。
「リモナイト」とは?

 九州・熊本が世界に誇る大自然、世界一のカルデラ「阿蘇山」は、およそ30万年前から何度も大噴火を経験しました。 噴火により阿蘇山の火口ににできた「火口湖」には、たくさんのミネラル成分を含んだマグマや、 植物などの有機物が蓄積され、水中で分離分解されました。

 その中で溶出された鉄分を多く含む堆積物が現在の「リモナイト(褐鉄鉱)」として、阿蘇・狩尾一帯に分布しています。


 褐鉄鉱の鉱床は世界中に広く分布していますが、良質の褐鉄鉱を産出するのはフランスやイタリア、カナダなどが多く、 日本で産出されるのは特に珍しいと言われています。
 まさに世界一のカルデアを誇る阿蘇が生んだ歴史の鉱物と言えます。

※(株)リモナイト様パンフレットより抜粋
リモナイトができるまで
リモナイトのシロアリ忌避効果

 (株)日本リモナイトさんは、大学と協力してシロアリ忌避実験をされています。

 右図をご覧下さい。器具の端と端に餌木とシロアリを入れ、間に入れるリモナイトの有無と量(厚さ)で、シロアリが餌木に辿り着く割合を調査されました。(上の図)

 結果、リモナイトが無い場合10日で100%のシロアリが餌木に辿り着きました。 対して、土にリモナイト1cmを挟んだ場合は10日時点で75%、5cmを挟んだ場合はなんと25%のシロアリしか 餌木に辿り着きませんでした!(下の図)

 この実験結果は、リモナイトがシロアリの侵入防止に有効である事を示唆しています。 古民家の地面に撒布する事で、木に寄り着くシロアリを防止する事ができます。

 現在も実験は継続中、新しい結果が出ましたら改めてご報告させて頂きます。
リモナイトのシロアリ忌避効果
活用事例 古民家再生に「リモナイト」を!


 2017年春から、(株)日本リモナイトさんにご協力頂いて、亀岡市の古民家再生物件にリモナイトを使用しています。 床下にリモナイトを撒布、シロアリが寄り付かないように敷き詰めました。

 シロアリを含む土壌生物は、家屋の構造に変化があるとそれに対応して、普段とは違う行動をとる事がよくあります。 環境が変わると生き物は大きく動くのです。
 近年古民家リフォーム・リノベーションが盛んになっていますが、それまで建物に関与せず生息してたシロアリが 工事をきっかけに活性化し、シロアリ被害が発生するという可能性があり、注意が必要です。
 皆さんが不安に思われる古民家のシロアリ被害、弊社ではシロアリ忌避効果のある「リモナイト」を使用する事で、 できる限りリスクを下げるサポートをさせて頂いています。

 地球環境を考えるエコテクノロジーとしてリモナイトを様々な分野で活用されている(株)日本リモナイトさん。 シロアリ忌避効果について大学と連携して多くの実証実験をされてこられましたが、 実際の住宅で使用して効果を試す場がなかなかなかったそうです。 今回の撒布が実証の参考になれば幸いです。
活用事例(1) : 2017年亀岡市古民家
古民家!


リモナイトで白蟻除け

リモナイトで白蟻除け

活用事例(2) : 2017年南丹市古民家
古民家!


リモナイトで白蟻除け

リモナイトで白蟻除け

空白
お問合せ無料会員登録
トップへ戻る