無料会員登録
HOME >  不動産Q&A >  不動産購入・売却の流れ
不動産購入までの流れ
不動産購入の手続き
項目 内容
1.物件確認 実際に現地に行ってみなければ、物件の良さは分かりません。事前に物件の気になる点や確認したい箇所などをまとめ、実際の物件確認と担当者から説明を受けましょう。
人生で一番大きな買物になるのですから、気になる物件があれば何件でも見学に行きましょう!多くの物件を見ることで、判断基準が明確になり、また物件価格の相場が分かってきます。
2.資金計画 物件代金以外にかかる手数料や各種費用・税金などについては、不動産会社に問合せして、必要な金額・内訳を明確にしておきましょう。
住宅ローンの返済プランは、趣味・旅行・教育費などを考慮に入れてゆとりあるものにしましょう。
家族から資金援助を受けて相続税の優遇措置を利用したり、低利な公的融資を利用するなど、住宅購入の際に優遇される制度や公的融資などの利用を積極的に検討しましょう。
3.購入申込 契約日時・手付金額・引渡し時期などを相談した上で、所定の申込書に記名・押印して物件購入の申込みをします。購入申込みは、条件などの詳細を不動産会社にしっかり確認してから慎重に行ないましょう。
4.重要事項説明 宅地建物取引主任者が物件の重要事項を説明します。専門用語が多く分かりづらいなど不明点・疑問点がある場合は、遠慮なく担当者に聞いてすべて明確にしておきましょう。
5.売買契約締結 売買契約書に署名・捺印して契約締結となります。契約時に支払う手付金は、キャンセルの場合に返金されません。また契約締結後の内容変更は、損害賠償や違約の対象となり得えますので、細心の注意を払って契約にのぞみましょう。
6.決済引渡 所有権移転登記及び手付金や内金を差し引いた残金と諸費用の支払いを行い、引渡しとなります。
 

不動産購入について

ローンシミュレーション




不動産売却までの流れ
不動産売却の手続き
項目 内容
1.売却相談 仲介手数料・印紙税・所得税・住民税など、不動産売却時にも費用がかかります。不動産売却をお考えの際はまずはご相談下さい。
2.査定 査定金額とは、実際に市場に売り出しを行った場合、売却可能だと予想される金額のことです。 売却価格決定の前に物件査定を行い、これををベースにして実際の売り出し価格を決めます。
3.媒介契約 査定終了後、売却の意思が固まったら、媒介契約を結びます。専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約の3種類があります。

1. 専属専任媒介契約
〔依頼者〕媒介を依頼した不動産会社1社のみへ依頼可能。
自分で見つけた相手と不動産会社を通さずに売買契約不可。
〔媒介業者〕物件をレインズに登録。1週間に1回以上報告。

2. 専任媒介契約
〔依頼者〕媒介を依頼した不動産会社1社のみへ依頼可能。
自分で見つけた相手と不動産会社を通さず売買契約可。
〔媒介業者〕物件をレインズに登録。2週間に1回以上報告。

3. 一般媒介契約
〔依頼者〕複数の不動産会社と媒介契約が可能。
〔業者〕レインズへの登録義務なし。報告義務なし。
4.売却活動 営業担当が売却を実現するため、営業活動を展開します。
各種媒体への掲載・配布・ホームページへの掲載・レインズ(不動産流通指定機構)への登録等
5.売買契約締結 売却物件に買い手がついた場合、購入申込書を取得し、代金の支払・物件の引渡等の詳細を決めます。 内容が決定した後、不動産売買契約を締結します。

※不動産売買契約時に必要なものの例・・・印紙代・登記済証・実印・印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの) ・建築確認通知書・検査済証、固定資産税納税通知書、など
6.引越し、引渡 残代金の受け取り・鍵の引渡しは引渡しと同時です。
 

不動産売却について

空白
お問合せ無料会員登録
トップへ戻る