無料会員登録
HOME >  亀岡パワースポット -staff坂東見て歩き! >  亀岡パワースポット 過去編11
staff坂東の亀岡パワースポット紹介!

▼2014年04月06日 東雲寺
JR山陰線八木駅の裏手へ入った場所にある「東雲寺」。
先々週に訪れたのですが、ちょうど梅の花のお祭りが開催中でした♪
遠くから見ても色とりどりで大変綺麗!
お客さんも多いのかたくさん車が停まっていました!
桜もいいですが、梅も負けず劣らず美しいですね。
特に白梅から紅梅まで、色にバリエーションが多いので、よけいに華やかに見えるのかもしれません。

梅と言えばJR亀岡駅前の亀山城跡横も毎年綺麗な梅の花が見れます。
今年は残念ながら見に行けていませんがどうだったのでしょうか(^^)

場所:南丹市八木町 JR八木駅裏手

東雲寺

▼2014年03月15日 延福寺
国道9号線から一つ内側の道沿いへ入ったなだらかな道沿いにある延福寺!
入口には「地蔵の梅」と名づけられた梅の木がありました。
残念ながら立て札などはなかったのですが、何由来があるのでしょうか・・・?
この延福寺付近にはたくさんのお寺が点在しているんです。
以前にもこのコーナーで訪問した南陽寺や生身天満宮などです。
散歩がてら徒歩でも回れそうな距離ですので、休日のお寺巡りにはぴったりの地域かもしれませんね!

場所:南丹市園部町

延福寺

▼2014年03月02日 平の沢池
亀岡の馬路町にある平の沢池は、京都府内有数の探鳥地で府内唯一のオニバス自生地なんです。
京都の自然200選にも選ばれていますよ。

景色の開けた見晴らしが良い場所で、池周りに整備された「水鳥の道」は散歩にももってこいです!
オニバスの開花は8月中旬頃ですが、その他の季節もバードウォッチングなどが楽しめるみたいです。
先日訪れた際も池にたくさん鳥がいました(^^)

場所:亀岡市馬路町

平の沢池

▼2014年02月22日 並河駅前モニュメント
駅前の景観にはそれぞれ個性がありますね!
本日出かけてきたのは、JR並河駅前。
ロータリーの中心に、大きな花壇とモニュメント、時計があります。
今の時期パンジーがまばらに咲いていましたが、満開の時はさぞ綺麗なんでしょうね(^^)
奥に見えるモニュメント、上部の球体部分は、大井町のエネルギーを表しているそうですよ。
同じ亀岡市内では、例えば千代川駅は春の桜が見事ですし、亀岡駅は亀岡祭の時の祭り風ライトアップが素敵だったりします。
花やイベントなど、毎日の通勤の密かな楽しみにもなりますね♪

場所:JR並河駅前

並河駅

▼2014年02月01日 鶯橋
亀岡インター横に西山を裏側から登るルートがあります。
入口を入ってすぐの所に小さな「鶯橋」があります。
この辺りは”野鳥の森”だそうですので、鶯もたくさんいるのかもしれませんね。
この鶯橋の少し手前は、回りの山々を背景に中山池を広く見渡せる絶好のスポット(^^)
ただし高台の細い道ですので、高所恐怖症の方は少し怖いかもしれませんね!
風の通りが良いので、暑い時期には散歩のチャンスです!

場所:亀岡インター付近中山池横入る、西山裏側

鶯橋

▼2014年01月25日 西山
京都縦貫道亀岡インター付近、中山池横に、西山の裏から入るルートがあります。
中山池には時々釣り人の姿を見かけますが、こちらのルートはほとんど人を見かけません。
舗装はありますが草木伸び放題の山道です。
「ちょっと散歩にでも…」と行くには荒れ放題の場所ですが、坂道や階段を通ってぐんぐん進むと西山の頂上にたどり着き、西山の表方面から出る事ができます。
本当に人気(ひとけ)がなくて一人で歩くには怖そうな場所ですが、ちょっと変わった場所でウォーキングしてみたい、という方にはおすすめスポットかもしれません(^^)
「野鳥の森」の石碑が坂道の途中にありましたが、残念ながら余り見かける事ができませんでした…。

場所:亀岡インター付近中山池横入る

西山

▼2014年01月11日 鍬山神社
皆様明けましておめでとうございます!本年も宜しくお願い致します。
さて、亀岡市民の初詣の参拝先としてメジャーな鍬山神社。
1月1日にお参りをすると、最長1時間以上の待ちがあるほど人気の神社です。
私も列に並びましたが、この時期は本当に寒く、並んでいる間中凍えそうでした…。
途中横に焚き火があるのですが、その場所だけが唯一のほっとするポイントでした(^^A;
もちろん駐車場もいっぱいなので、近所の方は徒歩で出かけた方が良さそうです。

何故「鍬山」神社、という名なのかと言いますと、昔泥沼だった亀岡盆地を神様が開削し、その時使った鍬をここに山積みしていたから…という伝承が残っているそうです。

場所:京都府亀岡市上矢田町

鍬山神社

▼2013年12月21日 壽仙院そばのお参り堂
本町分譲地Uの裏にある「壽仙院」。
その傍にあるお参り堂は、木造りの情緒漂う建物です。
分譲地Uの建物バルコニーからも見下ろす事ができるんですよ!
分譲地南側はカラー舗装された道路ですが、北側はこういったお寺が並び、古風な雰囲気。
こんなところも旧町の魅力ですね!

場所:亀岡市本町分譲地U裏

壽仙院

▼2013年12月14日 壽仙院の紅葉
本日過去の成約実績に追加させて頂きました、本町分譲地Uの裏にある「壽仙院」。
亀岡ゆかりの明智光秀が厚く帰依した大誉春光和尚を中興開山したお寺です。
このお寺の紅葉が今とても綺麗です!
水禽窟の綺麗な音がする庭は、南天の赤がアクセントになって情緒ある雰囲気。
お寺を囲む生垣も赤く色付いて大変綺麗でした。
亀岡城下町は古くからの雰囲気を残した町並みとたくさんのお寺があり、正に”歴史街道”の雰囲気が漂っていますね。

場所:亀岡市本町分譲地U裏

壽仙院

▼2013年12月07日 JR千代川駅の黄葉
皆様今年は秋の紅葉を見に出掛けられたでしょうか?
弊社事務所近くのJR嵯峨野線「千代川駅」では公孫樹が綺麗に黄葉していました。
赤への紅葉も良いですが、黄色への黄葉も景色が引き締まって良いものですね♪

ちなみにこのスポット、春は桜がとても綺麗なんです。
四季折々の変化が楽しめて、電車出勤の時には観賞するのが密かな楽しみなんです(^^)

場所:JR嵯峨野線 千代川駅

千代川駅

▼2013年11月30日 日吉八幡宮
JR千代川駅前にある千代川スポットの一つ「日吉八幡宮」です!
全国八幡神社の総本社である大分県宇佐市の宇佐神宮から船井郡日吉町に勧請し、700年が経つそうです!
もともとは日吉にあったのですが、日吉ダムの建設に伴いこちらへ移動し新社殿が建てられたのだとか。

1月19日に行われる厄除大祭は「中村の厄神さん」として広く親しまれているそうです^^
当日は境内に老若男女絶えない人気ぶりだそうですよ!

場所:京都府亀岡市千代川町

日吉八幡宮

▼2013年11月16日 浄福寺
JR千代川駅前にある千代川スポットの一つ「浄福寺」です!
千代川町湯井には古くからのお寺がたくさんありまして、本日のこのお寺も先日紹介した「松尾神社」のすぐ近くです。
車でうろうろ探していたのですが、入り口が少し裏手の通りにあったため、なかなか見つかりませんでした(^^;A

境内が少し高台になっているので、入口には階段。取り囲むように石垣と白塗りの壁があり、古くから伝わる情緒ある雰囲気が感じられました。
1453年に開創されたそうです。

場所:京都府亀岡市千代川町湯井

浄福寺

▼2013年11月03日 松尾神社
JR千代川駅前にある千代川スポットの一つ「松尾神社」です!
入口から長めの石段が続きます。
それを登り鳥居をくぐると木々に囲まれた境内です。
神社周辺及び上空を木に囲まれていまして、出かけたのはお昼過ぎだったのですが、木陰で薄暗いくらいでした。

旧湯井村の辺りはかつて丹波国府のあった場所なのだそうです。
国府には必ず丹波の国中の神様を祀られていますが、丹波の国で該当するのがこの千代川町湯井のクズスの森の丘陵にある国主神社だと言われています。
松尾神社の境内には、合祀された国主神社があるんですよ(^^)

場所:京都府亀岡市千代川町湯井

松尾神社

▼2013年10月26日 臨生寺
JR千代川駅前にある千代川スポットの一つ「臨生寺」です!
このお寺、実は2012年3月に坂東が出かけた菅原道真ゆかりの「小林天満宮」のすぐ傍。
道を挟んだお隣さんで20〜30mのところにあります。
ですが壁に囲まれてお寺本堂が大変分かり難く、前回はなんと見逃してしまっていました…。

入口すぐ近くに梅の木(?)らしき大きな木があったのですが、枝ぶりが大変立派でした!
是非花が咲く時期にお伺いして見てみたいものです(^^)

場所:京都府亀岡市千代川町小林北ン田118

臨生寺

▼2013年10月19日 亀岡人口記念植樹2
亀岡市の記念植樹紹介第2弾!
今回は写真左から順番に人口80,000人、88,888人、90,000人記念です。
亀岡市は京都府内で、京都市、宇治市、に次ぐ第3番目に人口が多い市だそうです。

90,000人を初めて越えたのは平成6年。
以降増え続けていましたが、平成13年の95,890人をピークに今は少しづつ減少しているようです。
あと少しで10万人到達だったのですが、残念!
これから少子化でますます人口は減っていくのでしょうね。
寂しい限りです。

場所:亀岡市役所

亀岡人口記念植樹

▼2013年10月12日 王子神社
篠町の王子神社へ出かけてきました!
平和堂を越えて国道9号線を老ノ坂方面へ走る途中、橋の手前を左に曲がるとすぐに王子神社です。
闇宮(くらがりのみや)とも呼ばれていたそうです。
確かに木々がいっぱいで、私が出かけてのはもう夕方だったのですが、これがもう少し日が暮れると大層暗いんだろうな、という雰囲気でした。
茂る木の中には亀岡の名木に指定された立派な大木もあるんですよ(^^)

縁結びの神様でもありますが、このあたりは峠付近ですので、昔は峠の旅人の安全祈願の神様でもあったのだとか!

場所:亀岡市篠町王子

王子神社

▼2013年10月05日 亀岡人口記念植樹
亀岡市民であれば一度は訪れる亀岡市役所。
車で出かけて駐車場に停められた方はもしかしたらご存知かもしれません!
駐車場の端の方に、亀岡の人口増を記念した記念樹が植樹されているんです♪
写真は左から、人口5万人記念、6万人記念、7万人記念、です!1万人ごとに植樹されているんです。

2013年9月1日現在の人口は92,178人だそうですから、5万人というと約半分。
昭和40年代の記録なんだそうです。随分増えましたね(^^)

場所:亀岡市役所

亀岡人口記念植樹

▼2013年09月28日 亀岡の名木「王子神社のツブラジイ」
亀岡の王子神社境内にある名木「ツブラジイ」。
高さは28m、幹回りは約5mもある大変大きな木!
見上げないと全体が撮影できなくらい立派な木でした!

ツブラジイは秋に小さな実をつけるそうなんです^^
もしかすると丁度今くらいの時期には実がなっていたのでしょうか?
気が付きませんでした、残念!
とは言え、枝はかなり上方にありましたので、双眼鏡でも持って行かないと見えそうにありませんね。

場所:亀岡市篠町王子稲葉1番

王子神社

▼2013年08月03日 京都市の木「さくら」
亀岡市の花は「ツツジ」ですが、市の木もあったのですね!!
それは・・・「サクラ」。亀岡市役所の植え込みに市の花として枝垂桜が植えられていました。
市の木宣言がされたのは、昭和55年11月3日。
「亀岡市は自然を愛し、将来に向って豊かな住みよい都市づくりを念願し、緑と自然を保持した環境のもとに市民生活をさらに豊かな楽しいものにするために市を象徴するにふさわしい木として「桜」を決定することを、市議会賛同のもとに、ここに公文をもって宣言する。」とのこと(^^)
南郷公園付近や七谷川、つつじが丘など、確かに春には各地で桜がたくさん咲いていますね。
弊社事務所近くの千代川駅の桜も見事です! 来年は是非お花見を・・・。

場所:亀岡市役所

さくら

▼2013年07月20日 亀岡城下町大工組
亀岡城下町の立て札シリーズ!今回は「大工組」です。
スーパーマツモト中央店の真ん前にある立て札。
亀岡城下町の町割りは武家地と町人地からなっていましたが、 このあたりは1793年の図にて「大工組」と記されているそうです。

江戸時代の大工は・・・
住んでいる地域の大工組に所属し、大工組の規約に従って営業をしていました。
規約は大工組によって様々ですが、幕府や藩の命に応じて労働を提供すること、他人の仕事場に勝手に出入りしないこと、大工組構成員から徴収する経費を滞納しないこと、 親方の指示をよく守ること、けんかや口論をしないことなどを決められていたそうです。

場所:スーパーマツモト中央店

城下町

▼2013年07月13日 京都府の木「北山杉」
亀岡市民なら、亀岡市役所へ一回は出かけたことがあるはず・・・ その亀岡市役所ですが、実は市役所らしい”ポイント”がたくさんあるんです!
その内の一つ、正面駐車場分離帯付近に植樹された「北山杉」。
北山杉は昭和41年に制定された京都府の木ですね。
車に乗っているとうっかり通り過ぎてしまいそうな場所なのですが、 京都府の木として木標もしっかり立てられています(^^)
桂離宮や修学院離宮など、「茶の湯」文化を支える茶室や数奇屋の建築用材として大変活躍した北山杉。
京都府の公式ページによれば、「木立が天に向かってまっすぐのびる姿は“伸びゆく京都”のシンボル」なんだそうです!
これからもどんどん育っていってほしいですね♪

場所:亀岡市役所

北山杉
前のページ>
空白
お問合せ無料会員登録
トップへ戻る