無料会員登録
HOME >  亀岡パワースポット&歴史情報  >  亀岡市吉川町の歴史


吉川町


▼2012年06月21日 蛭子神社

烏帽子を被り鯛を抱いた姿が有名な・・・七福神でお馴染み、蛭子さん! その蛭子さんを祀った亀岡市吉川町の蛭子神社へ出かけてきました(^^)

立て札によりますと・・・ある年、村人が恵美須社を川に流したそうなのですが、 とたんに川が波立ち、ご神体がなんと3町も遡ったそうです!! それをこの地の村人が発見し、お祀りしたのが蛭子神社の始まりなのだとか。
不思議な話もあるものですね・・・^^

場所:亀岡市吉川町 国道9号線余部交差点入る

蛭子神社




●稲荷神社●

≪吉川町吉田後代62番地≫

10月25日の例祭日には地域の男女小中学生によって子ども神輿が町内を練り歩き賑わっています。当神社は子どもの守護神として地域人の熱い信仰を受けています。



●蛭子神社●

≪吉川町穴川平田2番地≫

「蛭子」は「夷」とも書き、異民族を意味します。古代日本にまだ目新しい文化が存在しなかった時代に中国、朝鮮半島を経て、珍しくて新しい文物や産業をもたらした縁から付けられた神名と思われます。

商売繁盛、産業隆盛を願う信仰が中心となっています。


空白
お問合せ無料会員登録
トップへ戻る