無料会員登録
HOME >  亀岡パワースポット&歴史情報  >  亀岡市河原町町の歴史


亀岡市,不動産,中川住研

▼2012年02月18日 極楽寺

車で付近を走行中、たまたま見たことのないお寺を発見しました! 幸せが舞い込んできそうな名前の、「極楽寺」です。
なんでもこのお寺、歴史が古く、開闢以来560年以上の歴史を持つのだとか・・・。
安産の願いをこめた子安地蔵が有名なのだそうです。 「極楽寺」の名前も相まって、元気なお子さんが授かりそうですね(^^)

場所:河原林町勝林島 極楽寺


▼2011年3月19日 若宮神社

「若宮神社」を探して車でウロウロすること10分程・・・地図もカーナビも合っているのに神社が見つかりません! 回りは田んぼだらけなので見つからないはずはないのですが・・・。
ふと横を見るとこんもりとした森があるではありませんか。もしやと中に入ってみると、ありました、若宮神社。 外から眺めているだけではとても中に神社があるなんて分かりません・・・。 入ってみると少し荒れたお社がありましたが、周りは田んぼばかりで人気も少なく、なんとなく寂しい感じの神社でした。 江戸時代には祭競馬が行われていたそうです。
場所:亀岡市河原林町勝林島

若宮神社



●勝林島の薬師●

≪河原林町の伝説≫

昔ある年、大井川に大洪水が発生した時、有本という田に一体の仏像が流れ着きました。そこで村人はその仏像を河原林の勝林島の極楽寺にお祀りしました。ところが不思議なことに、上島に病人がある時には下島になく、反対に下島に病人がある時には上島にはなかったので、当医王善逝とも称されました。

また、極楽寺に納めてからは洪水の難を逃れたので、一名「水除け薬師」と言われています。



●日吉神社●

≪河原林町河原尻才の本22番地≫

摂社の鈴の宮社は病気平癒などにご利益があると言われ、宮裏にある霊泉(真名井)が治病に効くとのことで、参拝者が竹筒で持って帰ったと言われています。この井戸は枯れたことがなく村人の命水とされてきました。



●若宮神社●

≪河原林町勝林島≫

勝林島は亀岡盆地の低地帯に位置し、大井川が洪水になればたちまち水没してしまいます。上島中島下島と3つの島名の集落からなるように、大変水に関係の深い土地です。

創建年月日は不詳ですが1000年は経っていると思われます。伝説によると大山昨命が丹波の国に来られた時、鯉で大井川を遡る途中勝林島領有本に停まられたので里人がこれを祀ったそうです。

石造りの大鳥居は明智光秀の居城に向けて光秀の命により作られましたが、創建年月日は不詳です。


空白
お問合せ無料会員登録
トップへ戻る